インターネットの集客のことならi-DEAR(株式会社坂井建設ネット事業部)へ

ビジネスにおけるHP

  • HOME »
  • ビジネスにおけるHP

【ビジネスにおけるホームページの重要性について。】

気になる事やほしい物がある時にYahooやGoogleの検索エンジンで
調べることが当たり前の世の中になりました。

各家庭にインターネットが加速的に普及したのはこの数年の出来事ですが、今や携帯電話やスマートフォンで検索することも珍しいことではありません。

インターネットが各家庭に普及する前までは

「AIDMA」と言われる消費者が購入に至るまでの行動パターンが
マーケティングの法則として使われていたのは御存じだと思います。

1.消費者が製品をチラシや広告で存在を知る(Attention)
2.その製品に興味を持つ( Interest )
3.その製品がほしいという購入欲求を持つ(Desire)
4.購入に関して吟味や考慮したりするために記憶する(Memory)
5.購入する(Action)

という購買プロセスです。

しかし、インターネットが各家庭に普及してから
この行動プロセスに変化が生じました。

1.消費者はその製品をチラシや広告で存在を知る(Attention)
2.その製品に興味を持つ(Interest)
3.インターネットで製品について検索する(Search)
4.商品を購入する(Action)
5.その商品についての情報や感想を共有する(Share)

という購買プロセスは「AISAS」に変わったと言われています。

「検索する」という行動と共に
「共有する」という行動が入ってきたのです。

ホームページからの集客を考えた時に「検索する」という行動が
第一の入り口となります。

「共有する」という行動を集客の第二の入り口として、
その可能性を広げているのが個人のブログやfacebookやTwitterなどの
SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などです。

気になること、ほしいと思った物に対する他人の感想や意見を知ることで
安心感や信頼感を得て、実際の「購入する」と言う行動に移ります。

ローカルビジネスでは既存のお客様からの紹介という形で
新しいお客様を獲得する流れが昔からあります。

既存のお客様から紹介をいただくということは感謝以外のなにものでもありません。

紹介されたお客様は既存のお客様の感想や満足を共有しているということです。

感想や満足を共有するということは大きな影響力を伴っているのです。

しかしこの紹介という流れが変わりつつあります。

それがインターネットの普及、
アナログからデジタルへの移り変わりです。

当然、多くのローカルビジネスも
アナログからデジタルへと移り変わろうとしています。

今、このアナログからデジタルへの移り変わりに対応できない
会社は生き残れないと私は考えています。

今後、たくさんの新規の見込み客を継続的に獲得するためには
ホームページをはじめ、インターネットを利用した戦略が必要です。

検索からホームページでの集客、

そして紹介や口コミ・評判での集客

というような好循環が作れるように「検索する」という

第一の入り口からのホームページの活用を考えていきましょう。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 097-597-1953 受付時間10:00~20:00(水曜を除く)

メールでお問い合わせはこちら
Copyright © 株式会社坂井建設 i-DEAR事業部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.